初詣の製造関連の職業仕事

初詣の製造関連の職業仕事10

目指せ!製造関連

初詣の製造関連の職業仕事10

初詣のパタンナー

パタンナーとは?
デザイナーの描いたデザイン画をもとに製図をし、型紙の基本形を起こす職業。パタンナー。
初詣のパタンナーになるには?
学歴・経験不問。縫製、製図の知識、技術が必要。服飾専門学校の出身者が多い。資格、不要。
パタンナーになるための必要な経験・修業・時間・費用など
経験不問だが、確実な技術、センスが問われる。コンピュータによる製図作業も一般化している。
パタンナーの業態など
アパレルメーカーのデザイン部門や服飾デザイン会社に勤務する。デザイナーの専属として独立も可能。

初詣の編物工・編立工

編物工・編立工とは?
横編、丸編、経(たて)編などの編み立て方法で網み上げた生地を使用してニット製品を製造する職業。丸編で肌着、Tシャツ、トレーナーなど、横編でセーター、カーディガンなど、経編でランジェリーなどを製造する。
初詣の編物工・編立工になるには?
学歴・経験不問。普通高校卒や服飾、工業系の高校、専門校、短大出身者が多い。 臨時雇用もあり。
編物工・編立工になるために必要な経験・修業・時間・費用など
機械操作、繊維の知識が必要。
編物工・編立工の業態など
常用雇用。服飾企業の工場や中小工場。

初詣の友禅染工

友弾染工とは?
青花付け→糸目糊置き→色挿し→糊伏→引染→金加工→刺繍→蒸し・水洗→地染め→乾燥→ゆのし→付帯加工と各工程は専門職人によって構成されている。京友弾、加賀友弾、東京友弾が代表的。
初詣の友禅染工になるには?
学歴・経験不問。伝統的染色の個人技を磨く姿勢が必要である。資格不要。
友禅染工になるために必要な経験・修業・時間・費用など
一品一品絵を描くように染めるもので、染色美術の技術、美的感覚の習得が必要。
友禅染工の業態など
常用雇用。機械染色とは違い家内工業的な要素が強く、個人あるいは零細規模の運営である。

初詣のビスボーク靴師

ビスポーク靴師とは?
一人一人顧客から注文に応じて、足の採寸から素材やデザイン、色などの希望を踏まえながらその人の足に合う靴を完全振るオーダーメイドで作る職人。
初詣のビスボーク靴師になるには?
公共職業訓練施設の東京の足立技術専門学校台東分校の製靴科は多くの個人工房開設者を生み出している。製靴料の内容は生産工学・材料・社会体育、製靴法、シューフィッティング、総合演習の学科と安全衛生・基礎・皮革加工基本・デザイン基礎・製甲底付基本と応用と総合・底付加工・応用実習・総合演習作業の実技である。また英国のコードウエイナーズ・カレッジに通い、ギルド・オブ・マスター・クラフツマンの会員認定は最高のビスポーク靴師と称されるため、日本人留学生が増えいている。



初詣の製造関連の職業仕事ページTOPに戻る