初詣の製造関連の職業仕事

初詣の製造関連の職業仕事18

目指せ!製造関連

初詣の製造関連の職業仕事18

初詣のCADオペレーター

CADオペレーターとは?
紙設計技師やデザイナーが描いた図面や製図を、完全な図面に仕上げる仕事。近年はパソコン上の製図ソフト(CAD)に入力する作業が主力。
初詣のCADオペレーターになるには?
学歴・経験不問。専門学校等の関連学科の出身者が多い。
CADオペレーターの業態など
建設会社、工業製品の製造メーカーやデザイン関連会社に勤務する。CAD専門の事務所も多い。技能を磨いて独立開業可能。

初詣の建築模型製作者

建築模型製作者とは?
建築模型は、建築士が設計した図面をもとにして作られる立体模型。主に、建築会社や施行会社が施行主にプレゼンテーションする際に使用される。最近はCGによる立体図が併用されることもある。
初詣の建築模型製作者になるには?
学歴・経験不問。建築についての専門の基礎知識を得るには、高校や専修学校、大学で専門課程を修めるのが望ましい。公的な資格はない。
建築模型製作者の業態など
建築会社や建築模型を専門に作る会社で働くが、通信教育で学習し、技能認定試験に合格すると技術登録でき、仕事の依頼がある。 実務経験を積み、技術修得すれば可能。

初詣の電気工事士

電気工事士とは?
電気工事士は、電気の配線と、電気を利用する機械設備の工事や据付作業を行うのが仕事である。作業は、図面を読解し、それに基づいて材料、工具、作業手順などを決めて作業を進めることになる。
また、変電設備の据え付け、各階へ電気を送る幹線の敷設、分電盤の据え付け、配線、コンセントや照明器具の取り付けなどがある。その他に、情報の伝達設備である放送電信施設、インターホン、防災防犯などの設備や、電話線を納める配管、避雷針の工事も行う。 小規模な現場では、通常は職長の指示のもとに2〜4人のグループで作業を進める。 大きな建設現場では、電気工事の責任者のもと、グループごとの1日の作業内容が決められて指示が与えられる。

初詣の電気保安管理士(電気保安協会)

電気保安管理士(電気保安協会)とは?
電気設備の点検、保安を行い、指導する職業。電気設備の事故予防安全の観点から、日常からの設備改善のアドバイス、エネルギー利用の効率化の提案するなどアドバイザー的役割も合わせ持つ。
初詣の電気保安管理士(電気保安協会)になるには?
工学部電気工学科卒などが多い。上記資格保有者が好ましい。第一種電気主任技術者の資格取得までに実務経験5年以上
電気保安管理士(電気保安協会)の業態など
保安管理を専門に行う企業への就業、および個人事業者として保守を受託するケースもある。



初詣の製造関連の職業仕事ページTOPに戻る