初詣の製造関連の職業仕事

初詣の製造関連の職業仕事19

目指せ!製造関連

初詣の製造関連の職業仕事19

初詣の建築技術者

初詣の建築技術者とは?
住宅、学校、会社、工事などの建物を建てるのが建築技術者である。
建築技術者の仕事は、設計図面を描く「設計分野」と、実際に建造を行う「施行分野」の2つに分けられる。設計分野の建築技術者は、注文主の依頼を受けて、建物の用途、規模、デザイン、構造、設備、予算、工期、立地条件、法律問題などについて調査や打ち合わせを行い、建築物を設計する。設計とは、建物の用途、規模などに応じた構造や部材、設備を合理的に組み合わせた設計図を作成することである。設計が終わると、設計図に基づいて立てて詳細な行程計画をもとに、施行分野の建築技術者を中心とした工事に取りかかることになる。工事にはさまざまな機械が必要であり、従事する作業員の職種、使用資材も多種にわたるため、それぞれの能力、性質、使用の適否については十分な知識が必要となる。また、工事の進行や管理を行い、必要な指示を行うことも求められる。
建築技術者に求められるのは設計や施行だけではない。都市計画や建物の維持管理、リフォーム、文化財の保存修復など、各分野での人材の増加と同時にあらゆる面で建築技術者の質の向上が望まれている。就職先としては、建築士事務所、建設業、ハウスメーカーなどの専門企業のほか、建設省、県や市などの地方公共団体、各種の公団などの公共的機関、民間企業の自社の建物の建築や施設管理に携わる部門などが考えられる。

初詣のインテリアプランナー

インテリアプランナーとは?
インテリアプランナーとは、建物内部の環境や設備を企画・設計し、さらにその工事の監理も行う専門家。快適さや機能性の追求はもちろんのこと、防災など安全性にも配慮してインテリアを創造するのがその役割だ。インテリアデザイナーよりは建築士に近いが、仕事が建物内部に特化している点が建築士と異なる。対象となる建築物は、一般住宅、事務所、店舗、公共建築物など多岐に渡る。具体的な仕事は、まずインテリアのデザイン・イメージをつくり、それが決まれば、内装仕上げ方法や材料、インテリアエレメントの選択を行い、工事に必要な設計図や仕様書を作成する。主な職場はインテリアデザイン事務所、建築設計事務所、インテリア商品メーカー。
初詣のインテリアプランナーになるには?
学歴として、インテリア又は建築に関する課程。
インテリア科、インテリアデザイン科、建築学科、建築科、建築工学科、建築デザイン科、建築設計科、住居学科などを履修している事が条件。
これらの条件を満たさない方の場合は、受験資格が年齢・性別・学歴・職業・経験を問わないインテリアコーディネイターの資格を取って2年間の実務経験を積む方法がある。

初詣の建築物環境衛生管理技術者

建築物環境衛生管理技術者とは?
建築物の空気環境・給排水等の管理を行う。
初詣の建築物環境衛生管理技術者になるには?
建築物環境衛生管理技術者指定講習会を修了し、申請のうえ免状を得る。
建築物環境衛生管理技術者になるために必要な経験・修業・時間・費用など
受講資格は、高校以上で、実務経験のある者、指定の免許を持つ者等。
建築物環境衛生管理技術者の業態など
ビルの管理者として勤務。

初詣のずい道技術者

ずい道技術者とは?
ずい道(トンネル)工事の調査・設計・精算から現場管理を行う作業監督・指揮を行なう。
初詣のずい道技術者になるには?
高校卒以上で土木工学を専攻していた人が一般的。資格必須ではないが、トンネル技術士・土木施行管理技師資格がある。
ずい道技術者になるために必要な経験・修業・時間・費用など
土木工学、道交法関連の知識。期間6年以上。
ずい道技術者の業態など
建設会社、研究施設等に勤務。



初詣の製造関連の職業仕事ページTOPに戻る