初詣の製造関連の職業仕事

初詣の製造関連の職業仕事11

目指せ!製造関連

初詣の製造関連の職業仕事11

初詣の靴職人

初詣の靴職人とは?
市場に出回っている靴に関して言えば、どのブランドの靴も、企画とパーツの組み立てを行う靴メーカーと、必要なパーツを作る下請け工場の連携のなかで生産されている。 そして、メーカーから注文を受けてパーツをつくる人が、いわゆる靴職人であり、靴製造工とも呼ばれている。
靴の製造は、だいたい、1.企画、皮革などの材料裁断、2.裁断したパーツの縫製(製甲)、3.木型を使って縫い合わせたパーツを靴の形にし、4.それを接着剤で留め靴底をつける底付け、5.シワ取り、ひも通し、ツヤ出しを行う仕上げ、の5つの作業工程に分かれる。主に4と5を、それを専門とする下請け工場の靴職人が担当する。以前はナイフを使って裁断するなど手作業が多かったが、現在はコンピュータを内蔵した専用の機械が用いられている。
1の行程の中ででも、特にファッション全体の傾向や市場を分析した結果を参考にしながらデザイン画を描き、材料や色を決める専門家は、シューズ・デザイナーと呼ばれる。 デザインが決まると、コンピュータ(CAD)も駆使しながらそれに従ったサンプルを作成し、靴のサイズに合わせて革を裁断する抜き型をつくる。2の行程は、各メーカーの独自性が強く発揮される部分でもある。

初詣の皮革工業技師

皮革工業技師とは?
動物の皮革を靴、鞄、手袋、ハンドバッグ、ベルトなどの商品として加工する職業。
初詣の皮革工業技師になるには?
学歴・経験不問。資格不要。
皮革工業技師になるために必要な経験・修業・時間・費用など
様々な動物の皮革に関する特徴を活かしながら加工するための知識、および技術が必要。
皮革工業技師の業態など
皮革製品を取り扱う店舗、工場などに勤務する。皮革工業技師として独立するのが普通。

初詣の製革工

製革工とは?
動物の皮革、毛皮を、装飾品などの素材として使用できるように加工する職業。加工の工程は、水洗いから、着色、品質検査まで20工程近い。なめしていないものを「皮」、なめしたものを「革」と区別している。
初詣の製革工になるには?
学歴・経験不問。資格不要。ファッション関係の専門学校で皮革の知識を得ていれば有利
製革工になるために必要な経験・修業・時間・費用など
経験不問だが、特別な素材を扱うため、就業後は専門知識と技術の修得が必要。
製革工の業態など
製革工場などに勤務する。

初詣の革縫製工

革縫製工とは?
動物の皮革、毛皮を素材とした商品づくりの縫製に関わる職業。服飾品を除く、家具、雑貨、小物類など。
初詣の革縫製工になるには?
学歴・経験不問。資格不要。
革縫製工になるために必要な経験・修業・時間・費用など
経験不問だが、特別な素材を扱うため、専門知識と技術が必要。
革縫製工の業態など
皮革専門会社や革製品製造の工房などに勤務する。専門の職人として独立可。



初詣の製造関連の職業仕事ページTOPに戻る