初詣の製造関連の職業仕事

初詣の製造関連の職業仕事5

目指せ!製造関連

初詣の製造関連の職業仕事5

初詣の刀鍛冶

刀鍛治とは?
日本刀を伝統にのっとって制作する仕事。
初詣の刀鍛冶になるには?
学歴・経験不問。資格不要。刀鍛冶の元に弟子入りするのが一般的。体力の充実している時期の弟子入りが望ましい。日本刀の制作には文化庁の許可が必要。許可を得るには、5年以上の修業経験と、文化庁の登録審査員2名以上の推薦が必要となる。
刀鍛冶になるための必要な経験・修業・時間・費用など
人によって異なるが、独立後、何とか先が見えるようになるのは、運のいい人で5年。
刀鍛冶の業態など
個人営業。刀の価格に比べ、必要経費がかかりすぎ、作刀だけで生計を立てられるのは30人程度。ナイフ製作などの兼業も多い。

初詣の金型設計士

金型設計士とは?
自動車、家庭電化機器などの情報機器をはじめ、玩具、日用雑貨など私たちの生活に欠かせない製品の部品を作るための金型を設計する。
初詣の金型設計士になるには?
大学・大学院卒以上。
金型設計士の業態など
金属メーカーや企業などでの常用雇用が一般的。金型製造に従事している事業所は6500ヶ所。ニーズは横ばい。

初詣の金型製作工

金型製作工とは?
金型製作用図面に基づき機械加工で、金型表面に手仕上げをした部品を一式の金型に組み立て、試作し、製品の品質を確認するまでを担当する。
初詣の金型製作工になるには?
学歴・経験不問。工業系の高校卒や職業訓練校出身者が多い。資格不要。
金型製作工になるための必要な経験・修業・時間・費用など
高度の熟練技術と数学の知識が必要。期間6年以上。
金型製作工の業態など
常用雇用。専門職。金型メーカーとして独立した企業、あるいはメーカーの工具工場。

初詣の自動車技術者

自動車技術者とは?
自動車の点検・整備を行う。エンジンや操縦、制動、緩衝、動力伝達などの各装置や、燃料、電気まわり各部分を点検し、故障箇所などを見つけて性能や機能を回復させるための交換整備作業を行う。
初詣の自動車技術者になるには?
中学・高校卒以上。
自動車技術者になるための必要な経験・修業・時間・費用など
期間2〜3年。
自動車技術者の業態など
常用雇用が一般的。ニーズは横ばい。



初詣の製造関連の職業仕事ページTOPに戻る