初詣の製造関連の職業仕事

初詣の製造関連の職業仕事2

目指せ!製造関連

初詣の製造関連の職業仕事2

初詣のガラス製品製造工

ガラス製品製造工とは?
板ガラスや各種ガラスの製造、溶融ガラスを使用しての吹き込み・型入れなどによる成型・焼銃炉・冷却炉を操作する作業に従事する。ガラスの新製品開発に携わる人をガラス技術者という。
初詣のガラス製品製造工になるには?
学歴・経験不問だが、国家資格のガラス製品技能士資格やガラス施工技能士を取得すると有利。
ガラス製品製造工になるための期間など
高度な技術習得には10年。
ガラス製品製造工の業態など
ガラス製品製造・長期間の経験を経て独立するのが多い。

初詣のガラス吹き工

ガラス吹き工とは?
ガラス溶鉱炉で溶かした原料を吹き竿に巻き付け息を吹き込み瓶やコップなどを作成する職業。はっきりした従事者数は不明。熟練した技術が必要になるため、従事者数は横ばいが減少傾向。
初詣のガラス吹き工になるには?
中学、高校卒業程度の一般知識を有すれば問題はない。現在は高校を卒業して入職するケースが多い。
ガラス吹き工になるための期間など
技術取得の期間が必要。時間は個人によって格差がある。
ガラス吹き工の業態など
専門職。工房を持って作品の販売や体験などの教室を開く所が多い。長期間の経験を経て独立するのが多い。

初詣の七宝工

七宝工とは?
食、銀、銅などの基板の上に、ガラス質の釉薬をのせ、800度前後で焼成した工芸品を製造する職業。七宝は花瓶、茶道具、絵皿、アクセサリーなどに表現され、日本が世界に誇れる伝統工芸品である。日本七宝会議主催の七宝ジュエリーコンテストでは日本だけでなく世界各国から応募があり七宝の世界的知名度をうかがわせる。
初詣の七宝工の業態など
個人的に師事することが多い。七宝製品の製造会社に勤務する人もいるが、工程ごとに専門の分野を担当する場合が多い。 仕事をしながら経験を積んだ後に独立し、工房を開いたり、個人的にネットショップを開いたり、露天販売する人もいる。また工房で体験教室を開いて、七宝の技術を教えながら顧客獲得に努める人もいる。作品展で入賞すれば良い宣伝になる。

初詣のれんが・かわら製造工

れんが・かわら類製造工とは?
養成、混練を終えた原土を型枠などを使用して窯場で焼成し、建築資材としてのれんがやかわらを製造する職業。
初詣のれんが・かわら製造工になるには?
工業系高校、専門校出身が中心。作業工程、原土の知識、技術の習得が必要。
れんが・かわら製造工の業態など
常用雇用。季節、臨時雇用もある。



初詣の製造関連の職業仕事ページTOPに戻る