初詣の製造関連の職業仕事

初詣の製造関連の職業仕事3

目指せ!製造関連

初詣の製造関連の職業仕事3

初詣の石工

石工とは?
城壁や石橋、用水路、河川改修工事(川岸などの護岸)などで使用される石を切り出し、必要な大きさに割る、削るなどの細工を施し、その石を現場で積んだり、組んだりする職業。人類文明初期からある職業のひとつとして知られる。
初詣の石工になるには?
中、工業高校卒が多い。建設関係の専門、短大、大学出身者も増えている。 技術、資格取得が必要。期間5〜10年。
石工の業態など
常用雇用。季節雇用、臨時雇用もある。企業に勤めたり、下請けの会社に勤務。技術を習得したら独立する者が多い。

初詣の鉄鋼技術研究者

鉄鋼技術研究者とは?
建築、自動車、配管等に使用される石を切り出し、必要な大きさに割る、削るなどの細工を施し、その石を現場で積んだり、組んだりする職業。
初詣の鉄鋼技術研究者になるには?
金鋼全般に関する高度な知識・技術が必要。大学等で理工学系を専攻していると有利。
必要な経験・修業・時間・費用など
5年以上の実務経験。
鉄鋼技術研究者の業態など
鉄鋼、建築、自動車メーカー、金属加工業などに研究者・作業者として勤務する。

初詣の鋳物工

鋳物工とは?
主に各種機械部品などを型取った鋳型を作り、溶解した金属を流し込み目的に応じた製品を作る職業。各製品の内容や生産方式によって異なる。
初詣の鋳物工になるには?
工業系の高校卒が多い。資格不要。国家検定制度の技能検定に合格し技能士を取得すると有利。
鋳物工になるための必要な経験・修業・時間・費用など
原材料、製品など専門的知識が必要。
鋳物工の業態など
常用雇用。中小企業の工場。独立、低い。

初詣の鍛造工

鍛造工とは?
可鍛性のある金属材料を高温に加熱して、ハンマやプレスなどで大きな力を加え目的の形状を成形し、同時に組織や性質を改良する職業。
初詣の鍛造工になるには?
工業高校卒。
鍛造工になるための必要な経験・修業・時間・費用など
経験不問。金属材料の知識や製品形成の技術。期間2〜3年。
鍛造工の業態など
常用雇用。中小企業の工場や下請けの工場。



初詣の製造関連の職業仕事ページTOPに戻る