初詣の製造関連の職業仕事

初詣の製造関連の職業仕事17

目指せ!製造関連

初詣の製造関連の職業仕事17

初詣の甲・角・貝・きば細工工

甲・角・貝・きば細工工とは?
甲(べっ甲)、角、貝、きば(牙)の素材に、細工を施し、装身具や生活用品を手仕事で作る職人。貴重な伝統工芸である。
初詣の甲・角・貝・きば細工工になるには?
学歴・経験不問。資格不要。
甲・角・貝・きば細工工になるための必要な経験・修業・時間・費用など
経験、修業不問だが、ひととおりの技術を修得するために年月が必要。
甲・角・貝・きば細工工の業態など
技能保持者のもとに弟子入りする。技術を磨き独立するのが一般的。

初詣の写真現像工

写真現像工とは?
写真現像所(カラーラボ)に届けられネガフィルムを現像したり、印画紙に焼き付ける仕事。
初詣の写真現像工になるには?
学歴・経験不問。写真の専門教育が必ずしも必要ではないが、カメラや写真に対する興味は要。資格不要。
写真現像工になるために必要な経験・修業・時間・費用など
デジタルカメラの普及により、コンピュータの知識、技能jがあると仕事の幅が広がる。
写真現像工の業態など
フィルムメーカー系の現像所や、プロフェッショナル用の現像所に勤務する。

初詣の表具師

表具師とは?
紙、布、糊を使用して、掛物、巻物、書画帖、屏風、襖、障子などを作ったり、修復、修理をする職人。関東では「経師」と言われる。
初詣の表具師になるには?
学歴・経験不問。資格必須ではないが、取得した方が仕事の幅が広がる。内装関係の知識も必要。
表具師になるために必要な経験・修業・時間・費用など
就業しながら技術を磨くのが一般的。期間4〜5年。
表具師の業態など
表具店に勤務する。独立可。

初詣の花火師

花火師とは?
花火師とは、大きく分けると、花火を作る人と打ち揚げる人の2種類がある。年に数回行われる花火大会の準備片付け作業にも従事する。
初詣の花火師になるには?
学歴・経験不問。製造に関しては、工業高校や大学で、応用科学・機械料等技術系の学科しているとよいだろう。火薬類取締保安責任者の資格を取得すると入職に有利。
花火師の業態など
花火会社は、世襲制を主とする小規模な企業がほとんどであり、就業の機会は極めて少ない。ただし、消費が最も多くなる7月〜8月には臨時作業員の採用もありうる。



初詣の製造関連の職業仕事ページTOPに戻る