初詣の製造関連の職業仕事

初詣の製造関連の職業仕事6

目指せ!製造関連

初詣の製造関連の職業仕事6

初詣の自動車整備工

初詣の自動車整備工とは?
専門的な技術と知識を駆使して、自動車を点検・整備する。メカニックとも呼ばれる。具体的には、車検に出された車、故障車、事故車などを整備工場内にて点検・整備し、問題箇所の機能を回復させ本来の車の性能が発揮されるように調整する。動力系統、燃料系統、電気系統、電子回路など点検する部分は多岐にわたる。さらに、車種、生産年によって機械の構造が異なる。そのため、整備工それぞれが専門分野をもってお互い協力し合って点検・整備を行うことが多い。
点検・整備は、単に自動車のユーザーに快適な運転をもたらすだけでなく、結果的には自動車の安全性を口上させ機械不備による事故を防ぎ、また有害な排出ガスや騒音を抑制し公害の発生も予防するという意味で、社会全体に対して責任を負っている

初詣の自動車組立工

自動車組立工とは?
自動車製造の完成車組立部門に属し、部品ユニット組付け・板金組付け・最終組付けの作業があり、部品ユニットや完成車をつくる職業。
初詣の自動車組立工になるには?
学歴・経験不問。高校卒程度の一般常識を有すれば、中途採用・期間雇用もあり。資格不要。
自動車組立工になるための必要な経験・修業・時間・費用など
主な作業が手作業なので指先の器用さ、手腕、持続力、注意力が必要。 期間2〜3年。
自動車組立工の業態など
常用雇用。従業員数数千人から数万人の自動車製造会社や組立車メーカー。

初詣の船舶ぎ装工

船舶ぎ装工とは?
船舶ぎ装工とは本来以外の主機械や補機の据付、船の運航に必要な船内の諸設備などの取付けを行う職業で多岐にわたる。
初詣の船舶ぎ装工になるには?
学歴・経験不問。工業系高校卒や船舶工業の専門校、短大、大学出身者。資格不要。
船舶ぎ装工になるための必要な経験・修業・時間・費用など
安全基準などの厳しい規格があるので、その詳細などを習得する必要がある。
船舶ぎ装工の業態など
常用雇用。大中小規模の造船メーカーの製造工場に勤務する。

初詣の船大工

船大工とは?
日本古来の伝統的な造船技術をもって、木造船をつくる職人。その高度な技術の保持者は貴重な存在となっている。
初詣の船大工になるには?
学歴・経験不問。資格不要。
船大工の業態など
船大工のいる造船所に就業する。徒弟制の家内工業的な造船所がほとんど。
船大工の就業者数など
はっきりした従事者数は不明だが、近年はプラスチック船にとって代わられ、木造船の造船所、職人ともに激減している。



初詣の製造関連の職業仕事ページTOPに戻る