初詣の製造関連の職業仕事

初詣の製造関連の職業仕事4

目指せ!製造関連

初詣の製造関連の職業仕事4

初詣の製塩工

製塩工とは?
海水をくみ上げろ過し、採かん行程を経て、せんごうを行い、遠心分離器にかけ水分(苦汁分)を落とし、乾燥させて塩製品を製造する職業。
初詣の製塩工になるには?
普通高校、工業系の高校、短大、大学の出身者。資格不要。
製塩工になるための必要な経験・修業・時間・費用など
経験不問。修精製工程、機械操作、衛生管理などの習得が必要。
製塩工の業態など
常用雇用。現在許可されている6社の製塩企業の製造工場に勤務する。

初詣のろうそく製造工

ろうそく製造工とは?
ろうそく製造には大きく分けて2種類がある。6行程を2日掛けて手作業で製造する和ろうそくと、大量生産で安価に提供できる西洋ろうそくの製造方法である。
初詣のろうそく製造工 になるには?
学歴・経験不問。和ろうそく業では血縁者後継が普通。
ろうそく製造工 になるための必要な経験・修業・時間・費用など
原料の選択、配合、注蝋温度、冷却条件などを感じる感性が必要である。特に和ろうそく業界では重要視される。時、3〜10年。
ろうそく製造工 の業態など
常用雇用。企業の製造工場に勤務。

初詣の金属彫刻工

金属彫刻工とは?
平面彫刻機などを使用して金属材料に文字を彫刻する職業。従来は手作業の部分が多い職業だったが、放電加工・レーザー加工などの技術導入に伴い機械化が進んでいる。
初詣の金属彫刻工になるには?
工業系高校、専門校、短大、大学出身が中心。資格不要。
金属彫刻工になるための必要な経験・修業・時間・費用など
金属の特性、機械操作、手先の器用さなど特殊な技能の習得が必要である。
金属彫刻工の業態など
常用雇用。中小規模の企業が多い。

初詣の刃物製造工

刃物製造工とは?
鉄、銅、ステンレス、セラミックなどの材料を焼き入れし、金槌などでたたき形を整え焼き戻しを行い、形ができたら研いで、包丁、はさみ、のこぎりなどの製品に仕上げる職業。手作りと機械製作では工程が異なる。日本では岐阜・関市がメッカ。
初詣の刃物製造工になるには?
学歴・経験不問。資格不要。
刃物製造工になるための必要な経験・修業・時間・費用など
機械製作では機械操作、伝統の手作りなら製作工程の熟知が必要になる。
刃物製造工の業態など
常用雇用。大手メーカーから手作りにこだわる個人運営の企業まで様々である。



初詣の製造関連の職業仕事ページTOPに戻る